チョコレートの購入後レビュー 2017年度 ホワイトクーベルチュールがおすすめ |

粒が大きい分ちょっと混ざりは悪いけど、溶けにくくはないです。。何が美味しいの〜〜〜??」と子どもの追求されてしまいました(汗)。

こちらです!

2017年03月29日 ランキング上位商品↑

ホワイト チョコレート クーベルチュールホワイトチョコレート(W2)【200g】(クーベルチュール

詳しくはこちら b y 楽 天

ホワイトチョコのべた〜っと舌に膜を張るような味と甘さが好きでは無いんです。甘過ぎて舌に突き刺さるような刺激もありませんし、口の中でベトッと溶けるのではなくふんわりと溶ける感じで後味も良いです。今までカレボーのクーベルチュールが癖が無く!コクがあって良かったので!ホワイトチョコもカレボーにしてみました!いわゆる安価なホワイトチョコっぽい甘みではなく!ミルキーでまろやかな甘みで購入して良かったです。そしてなぜかどれも味が一緒。なのになぜか買ってしまいました。タブレットの粒がとても小さくて!溶かしやすく作業しやすいです。やみつきになるので食べ過ぎ注意です!(笑)カレボーのダークがお気に入りなので、今回バレンタイン用に作るショコラの外側用の色付きチョコを作る為、同じカレボーのホワイトを購入しました。沢山使うものではないしかといって100gは少なく300g以上あるとすぐに使いきれないので量が調度良いということで★4つ。本来はダークチョコレートで作るのですが!ホワイトで試しに作ったところ!美味しく出来ました。届いてから瓶に入れ替えてキッチンに置いていると、ついついつまみ食いをしてしまいます^^お菓子の材料として購入したのに・・・もうなくなりそうです。やはりカレボーのチョコは美味しいです^^お値段が高いので200gを2袋購入しました。ホワイトは普段ベルコラーデなのですがたまにはと思い購入。口溶けが別物です。やや油が濃い味でした。生チョコに少し混ぜるのに購入。ちょっと味見をしてみましたが!そのままでも美味しかったです!!程良く上品な甘さで!市販のホワイトチョコなんか比になりません!さすがカレボー。これは「まじうまい!」です。普通のチョコはいつもカレボーを使っています。ひと粒の大きさは小さめで、天然バニラなので香りがマイルドですロールケーキのクリームにこのチョコレートを混ぜて使います。また使いたいと思います。もう少しお得サイズが(500gとか)あると嬉しいです。ホワイトチョコですが、あまりミルク臭くなく、舌が痺れるような甘味でもなく程よく甘くてとても美味しいです。そのまま食べてもよし!生チョコやトリュフにしてもよし!普通のスーパーで売ってるホワイトチョコ食べれなくなります(笑)ホワイトチョコ大好きでいろいろ食べ比べてますが!ガレボーが個人的には一番好きだなー。そのまま食べても美味しいですが!チョコレートのお菓子(スラッジケーキ)を作るために購入しました。至って普通?と言うか特に大きな特徴はないかな。。これだけで食べてしまいそうです。。べっとりしか感じは全く無くスッキリ食べられます。ほんと、罪なやつ、です(笑)。今から作るのが楽しみです♪。溶かすときも楽々溶けて、使いやすく気に入りました。主張しすぎない味が何とも美味しいです。結果、つまみ食いのしすぎで、目的のチョコレートボンボンは半分しか作れないし、せっかくダイエットしてたのに、たちまち体重は戻っちゃうし…。。他の方のレビューを信じて購入して本当に良かった!!!他のホワイトチョコとは比較できませんが!美味しいホワイトチョコレートだと思います。。大好きなホワイトチョコの一つです。サイズが小粒なので!いくらでも口に入ってしまいます。テンパリングをして型に流しいれてマンディアンを作りました。。。そのままで食べたり!製菓用に使用してもOKでした!カレボーはホワイトもうまい!!高級感のある味です。とっても美味しいチョコレートですよ。。こちらのショップで購入したラズベリー顆粒を入れて!色もきれいにできました。程良い甘さと程良いミルクっぽさ?が上品で嫌味がありません。このチョコは甘みがあるので!ちょうどラズベリーの酸味とよく合いました。欲を言えば!300g入りのものがあればよかったのですが!200gでもまぁ大丈夫でした。恐る恐る一粒食べてビックリ!「コレってホワイトチョコ????」ミルクのような香りとスッキリした甘み。レビューが良かったから。ホワイトチョコが好きではない人でも!「これは美味しい!」と言って食べるくらいです。でも、今回、チョコカップケーキのデコに必要で購入したのですが。そのまま食べるために購入しました。家族に隠れてつまみ食いしたんですが!思わず「うまい!!」と言ってしまったので!「おかあさ〜〜ん。これをつまんだ後に、スーパーで買ったタブレット状のホワイトチョコを食べてみたら、『同じ「ホワイトチョコ」と名乗るのはいかがなものか??』とつい、スーパー出身のホワイトチョコに声をかけてしまいたくなるほど。