スコープは今がお買い得で安い時期~!レーザースロープがどこよりも安い 2018年度 ピンシーカーブッシュが期間限定並みの「納得」価格!ジョルト

ブッシュネルのヤーデジ・プロからの乗り換えです。(ヤーデジ・プロは!中心部に十字線や丸が表示されないため!どこにレーザーが照射されているのか!分かりづらかった…)ピンシーカーモードは!傾斜勾配測定時は機能しませんが!使いやすさが向上しているため!それほど苦労は感じませんでした。合わせてオプションのカラードカヴァーも同時購入。

コスパ最強と噂の♪

2018年01月10日 ランキング上位商品↑

ピンシーカー スロープ ジョルト ブッシュ レーザー スコープピンシーカー スロープツアー V4ジョルト ブッシュネル【国内正規品】 ゴルフ 携帯型 レーザー 距離計 測定器 ゴルフスコープ

詳しくはこちら b y 楽 天

本体が軽く、操作も簡単で、倍率も5倍と使いやすく、スコープが見やすい。また、レクチル(透明な液晶画面)上に表示される○(小さい丸)が測定対象物をより明確にしてくれるので、測定のしやすさが格段に向上していると思います。Bushnell ブッシュネル ピンシーカースロープツアーV2 この手の距離計を買うのは初めてです。V2はスロープに比べピンシークモードで勾配が測れませんし、倍率が5倍と若干機能が落ちますが、本体が小さい分ターゲットをとらえやすく、標準モードで十分対応できますし、ゴルフで使用する範囲では(350y以下)5倍で十分です。ラウンド中は、ラウンド用ウェストホルダーに装着していたのですが、プレーには全く問題ありませんでした。以前!1万円程度の測定器を持っていましたが!無くしてしまい!購入を検討していました。当然のことながら、見えないところは計測できないので、ドッグレッグを超すのに何ヤードという使い方はできませんが(あの林のトップは何ヤードあれば超せるかという使い方は可能)、アイアンでシャープにグリーンを攻める意気込みの人には、是非お勧めの一品です。ピン奥。 ピンシークモードでも傾斜を見てくれると言うことないのですが。ネットで検索したところ、この機種は、日本国内では、並行輸入ものと輸入代理店経由の2通りで入手可能で、前者は3万円台、後者は+1万円以上(中には定価販売しているところも)のようです。自分で思っていた距離よりかなり違っている事が判りました。早くアップダウンのあるコースで試してみたいです。測定速度も格段はやく!バイブもついていて!大変満足しています。携帯ケースがオレンジ色で目立ち、紛れてしまうことがないほか、ふたが磁石とファスナー併用なので、収納が簡単です。本体は思っていたより軽いです。距離が驚く程正確で、使い勝手も良く、最高です。1人はピンの真横!「偶然だとは思いますが!4人ともこの距離を打てた事も凄いと思いました(笑)」距離が正確だと!決めた番手でショットできる事は実感しました。スコア向上に向けての頼りになる事を願いつつ、次のラウンドの時に試してみたいと思います。練習するたびに違う距離感を養おうとしてるわけですから・・・身につく訳ないですね・・・知り合いには「距離感を養うためには機械に頼らない方がいい!」など言いますが、本当の距離が分からないままでは距離感を養うのは無理なのでは・・・我々アマチュアは見栄ばかりだから成長しないのかも知れませんね。少し持ち歩くには大きいのですが!何とかポケットに入るのでOKでしょう。長い距離は後ろの風景とあわさり、上手く表示しづらいですが、おおよそ、時間もかからずに測定できます。また!この機種の最軽量ともあって!その小ささにも驚きでした。まずは距離感の見方から練習です。また、練習場で10ヤード、30ヤード、50ヤードなどのアプローチで、キャリーを測定するにも使用していますが、距離感を身につけるにもとても有効だと思います。あとは、距離の打ち分けができれば最高ですが簡単に使えて、距離も正確。購入して良かったと実感しています。 腰ベルトもついています。以前の測定器があまり性能が良くなかったため、この商品を使用したときには、驚きました。ピンシーカーは他のメーカーよりも少しお値段張りますが!使い勝手や頑丈さを考えればやはりこちらになると思います。「ただ距離が正確にわかった所で!全てが上手く行くとは限りませんけどね(爆笑)」使い方も簡単で!瞬時に距離がでるのでプレーを中断することなくスムーズ。オンすれば長〜いパットが残っていたのですが!この日は!ピンまで187yの表示。 5ヤード前後、光源の弱いところの距離表示に誤差が多いように思いますが、レンジやコースでは正確に計測します。イメージとして!本体を握るよりは両手を合わせてその間に挟むような感じだとあまりブレませんでした。メンバーさん達はいつもの様に番手をチョイスされていましたが!途中から「実際の距離を測って・・・」と頼まれ番手を変える人もいました。傾斜にも対応してくれているので、目安にはなるかと思います。実際の距離と距離感のズレは計測してみないと分からないものですね・・・行きなれた練習場でも打席によってかなりのズレがあるのがハッキリとわかります。 当然後者は国内での保証が受けられます。 片手では手ぶれが影響して若干見にくいですが、実用に差し支えないので、ラウンド中でも手軽に使えます。距離計は誤差が多いものと勝手に思い込み!あまり関心がなかったのですが!通っているゴルフスクールのラウンドレッスンで!この機種を実際に使っているコーチから勧められて買うことにしました。勾配の距離測定も大変参考になります。初めて距離計スコープを使うのですが、上りや下りを計算してくれる機能が非常に良いと感じています。プロでさえ捕捉や計測などを入念にチェックしているのにアマチュアが見た目などで距離感を掴めるほど簡単なスポーツではないですね。もちろん測定距離のショットは打てませんが!距離がわかっていると!安心します。全くストレスは感じません。さっそくコースで使用しましたが、ジョルトシステムのおかげでスムーズに距離がわかります。想像では計測結果が出るまでには多少ともそれなりの時間がかかるのかなと思ったのですが!そんなことは全くなく計測ボタンを押してからすぐに距離表示が出ました!ポチッと押してパッと出る!そんなイメージです。本機は傾斜地も考慮して距離を出してくれるので、十分実用的です。あとは、距離計通りに打てるかどうかが問題です。ただ他のレビューにもある通り遠くの目標物に当てる時は手ブレなどで合わせづらいかも知れませんがこれは使っているうちに慣れそうですね。かなり高い買い物ですが!その価値は充分あると思います。商品が届いたので早速練習場で使ってみました。少々!いいお値段(クラブが十分買えます)ですが!最近セルフプレーも多いので!これから専属キャディーとして活躍してくれる事と思います。「なんかメーカーのまわし者みたいですね(笑)」ただ、そのフォルダーがちょっと頼りなく思え、落ちそうで気がかりではありましたが・・・。良い勉強になりました!使い方は簡単でなれるとすぐに距離が測定できるようになりますが!ピンが遠いとピンの向こうの景色を測定していることがあるので!何回か測定したほうがよいです。他の人のレビューにも書いていたように、やはり遠いピンフラッグに合わせるのは少し慣れが必要です。普段は、手前からのセオリーで、いつもショート気味。傾斜補正も有るのが有難いです。昨日のラウンドで使ってみました。高価な買い物でしたがこれは簡単に元が取れそうです。サイズ・重量はそれほど違いはありませんが、上部と下部にラバーグリップが装着されたお陰で、ホールド感が向上してます。GPSの距離計と悩みましたが、やはりレーザー距離計を選びました。大切に使っていこうと思ってます。だからまだ実戦では使えていません。(初めての方は、コツを掴むまでに少し慣れが必要かもしれません)購入時、ピンシーカー・プロも検討しましたが、2倍ほどの重量と角型電池を使用している点を考慮し、こちらの購入を決めましたが、個人的には正解だったと思います。両手で計測すると良いかもしれませんね。アップダウンがかなりあるコースです。圧巻だったのが、ピンの根元は見えない長めの打ち上げショート(177y)。後ろポケットに何とか入るけど、携帯は微妙な大きさです。アゲンスト。先日のラウンドの際に使ってみようかと買い求めましたが、ラウンド当日は生憎の雨模様。いつも、誘われるメンバーさんのホームコース。これがあれば自分の飛距離もわかるので大変便利です。ピンフラッグで測量可能なため!正確な距離を知ることができます。この商品は!かなり高価ですが!思い切って購入しました。小さくて安い分スロープよりコストパフォーマンスは高いと思います。早速家の周りを測ってみましたがその計測スピードに驚かされました。縦に長いグリン。早く実戦で使うのが楽しみです。商品は注文してからすぐに届いたので安心しました。番手を変えた4人は言うまでもなく、ピンに絡むショット・・・。他の方もレビューで書かれている通り簡易ホルダーは使えそうにないですね・・・もう一個のシッカリとしたホルダーは自分的には使えそうな感じです。 ルーペスタジオは後者の中での最低価格帯だったのと!楽天でのレビュー数が一番多かったので!信頼性を重視して同社から買うことにしました。